第3話 引っ越し~就職活動

2018年6月15日、この日はいよいよ引越の日です。電化製品やら家具屋らをこの日に届くように手配してましたのでなかなか忙しく大変な1日でしたが夜には何とか暮らせるようになり、家具などは配置した写真を家族にLINEで送りますと、なかなかの好評を得ました。
テレビがないと海に行く以外は退屈ですのでまずはテレビとBS・CSアンテナの設置、Wi-Fiルーターとパソコンのセットアップ。パソコンでは何件か仕事と言うかアルバイトをしているので仕事用の机にパソコンをセット。
映画や時代劇が好きでオンエアようにブルーレイレコーダーのセットアップと番組の予約。
それぞれが完了してひとまずテレビをつけソファに座ってゆったりとしたところで、思い出した。寝る場所が整えてない。ネットで10000円で買ったベッドを組み立て、て、て、・・・布団も何もない!!
やばい、寝れない。
と、もう午後3時頃だったが、スマホで寝具を売っているところを探し、ゆいレールと言うオモチャのような電車(沖縄唯一の電車)、と言ってもモノレールなんですが、それに乗って(家から首里駅まで徒歩で約7分)イオンの家具売り場まで買いに行ったのです。でも当日の配達は無理でした。6月は十分に夏ですからソファがベッドの変わりです。・・・・・・・く、車がないと何もできない。・・・・・思い知りました。
次の日、早速、車屋さんに電話して、とにかく安い車はないかと尋ねたところ、営業の方がこちらに来てくれました。オレンジ色のおんぼろの車。25万。これが一番安いと。でもちゃんと走ります。
もちろん買いました。納車も1週間でしたし、少し我慢すれば車が来る、状態になれました。
さて、早く職を探さないと干上がってしまう。無料の求人誌をしこたま集め色々探しましたが、なんと、時給が安い。歳なもんで正社員はほぼ無理だし、時給750円は・・・困った。
沖縄は給金が安い。安定した生活にはフルで働かないとやっていけない。安い。給料は安いのに物価は高い。と言うほどでもないが決して物価が低くはない。なのに走っている車は高級車が多いのはなぜなんだろうか。不動産も高い。家賃はちょっと安いか。・・・・・・・う~ん、生活の面で少し暮らしづらい。年金は全てローンの支払いで消えてしまうし、ある程度の収入を得ないと続かない。困った。
と言いながら、就職活動に専念しました。
が、が、が、・・・・、何件も何件も応募し、履歴書を何通書いたか、・・・・・郵便受けに応募先から返事が来ると、年齢でなのか、「残念ながら今回は・・・・・・」とある。難しい。この年で再就職はなかなかに・・・・・。
何件目だろう、ウェブ制作の会社が面接をすると返事が来た。やった、と思い、面接を受けに行きました。在宅で時給1000円。面接で、いろいろ売り込んでなんとか合格。ただ、1日6時間の在宅勤務です。月に20日働いたとして120,000円。・・・少ない。在宅だから他にもアルバイトをしようか・・・家賃も駐車場を入れて約65000円。税など引かれて残るは40000ていどか。スマホやら光熱費やらを引くと、何も残らないではないか。困った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・つづく

これがその「ゆいレール」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です